切手買取テクニック

覚えておくと役に立つ

切手買取のマーケット価格に関して

切手カタログを参考にして切手収集家は重なっているものを発見した場合切手買取に出したり、或いは知人とチェンジしたりすることがあります。こうした交換は収集家の醍醐味でもあるのですが、交換時、価値がベースになって枚数、あるいは条件が変わります。こうした交換のものさしとなるのが切手カタログになります。切手の評価されている額が公開されており、収集家はこれを指標と捉えて取り交わす場合が少なくありません。しかしながら切手カタログは基本的に切手を買い入れる際の評価されている額なのであって切手買取においての相場と異なるものです。買取りにつきましては買取マーケットでの評価されている額と関連付けて行われます。さらに切手は額面が表記されていますが、ひとつの例として額面の金額で切手として役立てることはできますが、切手買取に出せばかえって額面に達しない価値と化すケースがあります。近頃の記念切手はとっても多く発行されることからマーケットにおいてだぶついています。